掃部山公園お花見

画像
恒例の家族での掃部山公園でのお花見。
でも今日は天気が不安定でせっかくお昼ご飯を食べてのんびりとしようと思ったのに
雲行きが怪しくなってポツポツと降り出してしまいました。
ザーッと来る前におにぎりを平らげ離乳食をあげて
さっさと撤収です。
随分と遠くまで歩くようになったもうすぐ年長さんになる上の娘だけど子供の足では間に合わなそうなので
急遽下の娘が乗っていたベビーカーに乗せ
抱っこひもに切り替え
急いで家路に着いたのでした。
時間がなかったのでとりあえずお花見に行った証拠写真だけササッと撮りました😅

1歳

画像


深結が1歳になりました
最近ブログをやりっぱなしだったので誕生日過ぎての更新になっちゃいました
元気に何でも食べて成長しています

生まれました

2月13日(火)10時23分、第2子、女の子を出産しました
4時に目が覚めあっという間に病院に行き生まれました
と言っても出産は痛いのに代わりはありませんが(笑)
2554グラムと少し小さいですが母子共に健康です
自然妊娠が難しい為に結唯の時に体外受精で出来た受精卵を移植しての妊娠出産となりました
名前は深結(みゆ)と言います
よろしくー
画像

39週1日

予定日まで残すところ6日になりましたが
もうそろそろあかちゃんは出て来ても良い頃かな~と思います
昨日の夜短い間隔でお腹が痛くなったのですが
あまりにも眠くてつい寝てしまい
気付いたら朝でした
結局は起きてしまったらお腹が痛いのが治まってしまい今日も元気に過ごしています
1週間前からずっとおしるしがあって
昨日も今日も新たに少量の出血をしたのですが
なかなか本陣痛には結びつかず・・・
焦ってもどうにもならないんだけど
どうしてもそわそわしてしまいます~
もうちょっと穏やかに待たなくてはいけませんね
ただ旦那が平日の昼間にいないと娘ちゃんの預け先に困ってしまうので
出来ればこの連休中に本陣痛が来て生まれてほしいのになと思っているのですが
そんなに都合の良いようには行かないのでしょうかね

でもとにかく出産まであと僅かなのは確かなことなので
何とか母子ともに健康に出産が出来ればいいな~と思います

正期産に突入

お腹のあかちゃんは今日で37週と2日
おとといの日曜日からはもういつ生まれても大丈夫だよと言う時期に入りました
ただ昨日の妊婦検診では推定体重が2500gと言われたので
個人的にはまだちょっと小さいかなぁと思いました
あと1~2週間はお腹の中でしっかりと育ってくれた方がいいんじゃないかなと思います
でも内診では子宮口が指一本(約2センチ)開いているとのこと
出産準備期間に入ってきているみたいです
いっぱい動いて身体をて柔らかくして出産に備えたいと思います

30週3日

妊娠8か月も後半です
やっとここまで来ました
体調はつわりのころと比べれば落ち着いて色々な事が出来るようになりましたが
相変わらず胃もたれがあり毎日何食べようか苦戦しています
でもあと約10週間
年が明けたらきっとあっという間だと思います
かと言って油断することなく毎日を過ごしていこうと思っています

娘ちゃん心強い

14週の頃ってまだ胎動を感じなくてきちんと元気に育ってるのかなととても不安になる時期です
嫌な方向に考えちゃうともうどんどん暴走して考え込んじゃう
そんな不安な気持ちを3歳の娘ちゃんに正直に話すと
「大丈夫だよ、あかちゃん元気に生きてるよ私がお母さんの傍についてるからね。」
と言うではないか
何て心強いことを言ってくれるか
いつもお母さんにべったりとくっついてとても手のかかる子と思っていたけど
この時ばかりは何て頼もしいんだと思った
ありがたい
心がホッとする

14週1日(4ヶ月入って3週間目)

まだ2ヶ月、3ヶ月か…と長い毎日を送っていたのですが
何とか4ヶ月に入っております
つわりは最近吐くのがなくなったけてど
まだまだ毎日体調の悪い日ばかりです
頭痛がたまにあってとにかく毎日気持ちが悪い
食べるものに制限があって旦那が休みの日以外料理してくれる人がいないので
結構困りますが
先週は一週間家族で旦那の実家に帰り
色々と食事の世話から娘ちゃんの面倒を見てもらいとても助かりました
ありがたいです
つわりはいつ落ち着くかな?
娘ちゃんの夏休み
調子が悪くて毎日二人っきりで家にてどうなるかと思ったけど
あと約10日
何とか頑張れそうです

8週0日

やっと8週
気持ちが悪いです・・・
嘔吐と頭痛と思うように食事がとれず辛いです
ああ、また前回の時と同じです
起き上がってこられません
ほとんど寝たきりです
早くつわりよ治まってくれ・・・
毎日願うのでした

4週3日

まだまだ不安定な妊娠周期
今週からやっと普通の妊娠の人が気付き始めるころですかね
(;^ω^)
体外受精だと早くに結果がわかってしまうので
却って不安な時期が長~いのです・・・
でも今日で最終月経から31日
これと言って目立った体調の変化はないんだけど
きっと育っているはず
もうね、そう信じるしかないんですね
移植した胚盤胞は34歳の時に採卵をし凍結したもので
グレードもとてもよくきれいな受精卵で先生お墨付きだったので
きっと生命力はあるはず
それが頼みの綱なんです
3日後の月曜日に通院なのですが待ち遠しいです
どうか育っていますように

給食参観

画像


昨日の話

幼稚園で給食参観がありました
あっという間に完食してしまう子
偏食で少ししか食べない子
様々ですがお母さんが見に来ているのでみんな嬉しそうにしていました
家では甘えん坊で未だに親がスプーンで食べさせているのですが
幼稚園ではきちんと自分で食べていました
しかも先生の言うことをよく聞いて静かに椅子に座っているし
歌もたくさん歌いながらとても楽しそうにしていました

3歳半のお昼寝と夜の寝る時間が遅いこと

3歳半を過ぎた娘ちゃん
幼稚園に通い始め周りのお友達のお母さんに話を聞くと
「もうお昼寝をしなくなった。」と言う子が多いです
しかし、娘ちゃんは幼稚園から帰って来て
おやつを食べ15時過ぎからお昼寝をします
当然そんな時間からお昼寝したら世間一般で言われる
「子供は20時には寝るものだ。」と言うものに当てはまるはずがない。
しかも入園前当たりから7時起床と早起きにシフトして行くと
年齢とともに減って行くと言われるお昼寝時間が逆に長くなり
ほとんど毎日3時間も眠ります
そんなこんなで夜眠るのは23時ぐらい。

きっとこんなことを書いていると
「もっと早くに寝かせなくてはだめ!」とか
「お昼寝やめさせたら?」などと思う方もいるでしょう。
しかし、それは夜から朝までぐっすり眠れる子の一般例だと思っています。

と言うのもうちの娘ちゃんは生まれてこの方
朝まで一度も起きずに眠ったことが一日たりともないのです
周りのお友達があかちゃんの頃の睡眠リズムから昼と夜のきっちりとしたリズムが出来て行く中
娘ちゃんは一向に朝までぐっすりと眠ってくれるようになりませんでした
これは何かの障害なのか?
色々調べて昼間の活動が足りないとかそんな意見も聞いたことあるけど
目一杯遊ばせたりやることはやっていました
そして現在に至ります…
一時よりは成長とともに段々と長く眠るようにはなってきました
この3年半色々な意見を聞き試行錯誤してきました
本当に悩みました
結果、障害と言うものではなく
「大人でも長く眠るのが苦手な人が居るように
子供も同じように苦手な子がいるのよ。」
と言う子育て支援の方の意見に落ち着くこととなりました
そして成長とともに段々と長く眠れるようになるとのことです
確かに最近の娘ちゃん、以前よりは調子の良い時は長めに眠っているかも。

ところで何が言いたいかと言うと
理想の20時に寝かせちゃうとどうせ2時間で目覚めちゃうってこと
そしてご機嫌が悪い
それならいっそうのこと、お昼寝をたっぷりとさせて
夜は親が寝る23時に寝た方が安心感もあるのか
よく眠ってくれるのです
寝る時間が遅いからと言っても
朝7時には起きてご飯食べて幼稚園に行くんですよ
ご機嫌も普通に良いです
「子供は20時に寝なければダメ」と言うのはあくまでも理想論ですと私は思っています
毎日、試行錯誤しながら何が良いのか考えながら
娘ちゃんに合った生活リズムを見つけていっています

こう言う似たようなお子さんをお持ちの方が少しでも気持ちが楽になってくれたらなと思います


二人目 移植 判定日

今日は移植をしてから1週間後の判定日です
 

E2 163
P4 30.1
β- HCG 69.5

一番下の数字
これが妊娠している証拠
そうです、きちんと着床しているんです
妊娠しました
やったぁ~!!

やっとの思いで2人目受精卵ををお迎えに行ったので
もしダメだったら来月は娘ちゃんの夏休みが始まるしもう終わりかなと思っていたので
本当に嬉しいです
このまま妊娠継続をして欲しいです
でも受精卵はとても質が良いのできっと育ってくれるはず
これからいっぱい大変なことを乗り越えなければいけません
家族みんなで頑張っていきます
 
しかし3歳の娘ちゃん
伝えようと思いますが果たしてどこまで理解出来るかな

二人目受精卵の移植 体外受精

6月2日(金)に二人目の受精卵をお迎えに行って来ました
娘ちゃんの時に採卵をし胚盤胞を凍結したものをもどしたので
あれから4年が経つことになります
昨年の10月頃に一度移植をしてもらおうと受診したのですが
娘ちゃんの体調不良により延期
前回と違うところは自由がなかなかきかないところ
移植の日は一日がかりなので旦那に休んでもらわないと娘ちゃんを見ていてくれる人がいないのです
そして4月に再チャレンジしようとしますが
今度は血液検査で引っかかり甲状腺ホルモンの数値が悪く
一度甲状腺の専門病院での治療でストップしてしまいました
そして3度目の正直
6月2日は横浜の開港記念日により娘ちゃんの幼稚園はお休み。
あれ?せっかく幼稚園に行き始め通院が楽になったと思ったのによりによって移植の日が休みですか…
でもまぁどちらにせよ一日がかりなので旦那には休んでもらいました
前日、親子遠足でその前から発熱をしてあまり調子が良くなかった娘ちゃん。
でも今回こそは移植に行かないともうこの先は出来なくなってしまうかもしれないと思い
何とか家を出ました

病院に着き受付をして通常では採血をしその後13時まで外出の予定が
私だけ先生とのお話がありますとな…
うわぁーまた問題発生か?
案の定問題発生です。
「風疹の抗体がありません」
内心そう予想はしていたけれどやっぱりね…
私、どうやら抗体がつきにくいみたいです
娘ちゃんの妊娠中抗体がないと言われヒヤヒヤしたものです
中学の時に予防接種を受けたのは年数経ってるし効力がなくなっちゃったのかなと思っていたんです
出産後すぐに受けに行ったのですが
それなのに抗体が出来ませんでした
先生に
「何度やってもたまに抗体が出来ない人がいるんです
しつこくやっていればそのうち出来るんだけど
これで次に抗体が出来る保証はないからもうやっちゃう?」
と言われ
即答で「お願いします!」と言い移植が決定したのでした

ここまで長かったけどやっと移植が出来ました
よかった。
移植から一週間後、判定になります
と言ってももう今日は既に4日前。
娘ちゃんがいるとお世話に忙しくて考えている時間が少なく
一日がバタバタと終わるのでこれはありがたい
でも判定日までは待ち遠しいです

トイレトレーニング完了

画像

3歳4ヶ月の娘ちゃん
昨年夏からトレーニングを開始したのですがなかなか上手く行かず
もうこりゃ幼稚園でもオムツだなと諦めていたのですが
3月下旬になって入園前に試しにもう一度やってみるかと思い思い切って布パンツにしてみました
そうしたら一日で事後報告が事前報告に変わりました
「おしっこでちゃいそう」が決まり文句
以前はいくら布パンツにしてもお漏らしばかり
かなり行き詰まっていたのですがあの時はまだこの子にとっては良い時期ではなかったのかも
突然その時期が来るって言うけど本当でした
もちろん親の働きかけは大切だけど本人のやる気らしいです
今回は気合を入れておトイレに誘わず適当に時間が出来た時に「おしっこ行こう」と連れて行っていました
多分一日に1〜2回程度しかやっていません
布パンツにはせず一日中オムツのまま
それでも確実にトイレで出来ることが増えてきました
しかしその後ここから進歩せずこりゃどうしたものかと
ひと足先にオムツが外れた子のお母さんに聞いてみました
その子もうちと同じでオムツのままたまにトイレに連れていき出来るようにはなったけどなかなか事前報告はしないしオムツでもするしってことだったらしいです
最後はやはりオムツではなく一気に布パンツにしたと聞いて
そうかやっぱりな…と思い私も再び布パンツにしてみたところ
最初の2回漏らした後突然言えるようになってトイレで出来るように。
よっしゃ〜!とテンション上がりまくりの母
次の日から外出の時にどうしようかと思ったのですが中途半端は混乱するかなと思って思い切ってオムツはやめて布のトレーニングパンツででかけました
それがとても良かったみたいです
この年齢になるとオムツに戻したり布にしたりしていると
楽な方が良いと思うらしく「おむつがいい!」と言い出すという話をよく聞きます
うちも最初の頃はよく言っていました
でもせっかく外れそうなのにそこでおむつに戻しちゃったら余計に外れなくなってしまいます
うちはそこで嫌がっても何とかオムツには戻しませんでした
「お母さんいるから大丈夫だよ〜」とか
「トイレにおトイレさんがいてね○○ちゃんが上手に出来るように見ていてくれるよ〜」とか
とにかく安心出来るようにさせて何とか乗り切りました
あ、そうそうオムツはやめたと言いましたが昼寝と夜は別物
おねしょで起こすのは可哀想なので寝るときだけオムツを履かせています
しかしこの子の場合トイレが出来るようになったと同時に
あれだけ夜中にも沢山していたのに全く濡れなくなりました
もう多分夜も布パンツでもいいのかなーと思っているところです

君の名は

画像

本をまともに読んだのなんて何年ぶりでしょうか
娘ちゃんが生まれてからの3年間ほとんど時間がなく
ただひたすら育児と家事をこなす毎日だったので本を読むなど考えられないことでした
通院を時々する機会があるのですが待ち時間に読んでみようと思いました
そうしたらこれまたはまってしまいました
帰って来て娘ちゃんの昼寝の時間に一気に残りを読んでしまうくらいおもしろかったです
過去のはまった本からしてやはり
時間がねじまがっている話が好きらしいです
(^^ゞ

ひなまつり

画像
画像

娘ちゃんが生まれた年に購入したおひなさま
今年も出しました
買って来たひなあられが食べたいらしく代わりにどんぐりをあげますと
お供えしていました^_^;
さておひなさまは喜んでくれたのでしょうか
もちろんあとでひなあられは戻しておきどんぐりは下げました
今年も健康でいられることに感謝いたします

大根役者

画像

今日は曇っていて寒いですが娘ちゃんはお構いなし
雨の日以外は毎日公園遊びかお散歩です
と言うのも風邪予防のためあえて外に出かけます
室内だと必ず何処からかもらってきてその度に調子悪くなってご機嫌斜めになるのです
これはかなり親は疲れます
しかも高確率で風邪を移される

さすがに寒いからか公園は貸し切りです
砂場でアンパンマンの仲間「だいこんやくしゃ」が落ちていて
娘ちゃんは大喜び
手が片方取れていますが嬉しそうなので家まで持って帰ってきました
きれいに洗って消毒液をすり込んだだいこんやくしゃと
娘ちゃんは只今お昼寝中

3歳過ぎまして

画像


かなりのご無沙汰
いつものことですけどね

娘ちゃん随分と大きくなりました
4月から近くの幼稚園に入園します
この間制服を貰ってきました
もらってきたと言っても代金を払うわけですから
出費が大変です
お金の話になると一瞬ショボーンとなりますが
しかし普段ズボンばかり履かせている娘ちゃんはスカートを履いてお姫様気分で大喜びです
やっと少しは私の時間が出来るのでしょうか
^_^;

モコ

昨日、実家にいた愛犬のモコが亡くなったとの知らせが父からメールで届いた
いつかはこの時が来るであろうと思ってはいたがそのいつかが来てしまった
結構悲しい
明日、午後に実家に帰ろうと思う